WAONCD-3010
(2013年7月8日発売) Open Price

録音日:2012年5月2日
場所:芦屋ルナ・ホール

Exec Producer & Mastering:小伏和宏
Recording Producer : 磯村信一郎
Recording : 東浦信二
Translation : 石渡悠起子



《5.6448MHz DSD recording》
Microphone:DPA 4011TL x2
Method:Stereo A-B
Pre-amp:Tube Pre-amp 佐藤俊哉作
Recorder:KORG MR-2000S
Clock:Antelope Audio Isochrone OCX
Monitor : ELAC CL330 JET
SPECTRAL DMC-30SS-S2, DMA-260

《192kHz 24bit PCM mastering》
DAW:Waon DAW with Weiss AFI1
DDC:Weiss Saracon -DSD
Monitor : Waon Reference Monitor



Cover design, Art work:才村昌子
http://www.saimura-masako.com/

■Profile
竹田一彦(ギター) Homepage
1936年1月1日、奈良県生まれ。'57年頃から音楽活動を始める。'62年頃から自己のバンドで活動。'95年頃から西山満のグループに参加し、これまでに国内外の多くの ミュージシャンと共演。Hank Jones、日野皓正、Mickey Roker(dr)、Othelo Molineaux(steel dr)、Eddie Henderson等とのコンサートやライヴ。セッションでは、Bill Evans、Philly Joe Jones、Kenny Garrett、Russell Malone等有名ミュージシャンが多数。最近のライヴでは、Kenny WashingtonやLewis Nashのカルテットの ライヴにも参加。又、若手の育成・指導にも定評があり、気さくな人柄からもプロ・アマを問わず多くの生徒達から慕われている。

岡田 勉(ベース) Homepage
1948年12月23日、愛媛県生まれ。上智大学在学中にジャズ・ベースを始める。大森明、板橋文夫、大友義雄、向井滋春、益田幹夫、日野元彦、日野皓正等のグループに在籍。'75年に渡米。帰国後は、渡辺貞夫グループ、山本剛トリオ、峰厚介クインテットに在籍する等、国内外の多くのミュージシャンとの共演、レコーディング等が ある。近年は、岡田勉トリオ(岡田組)、岡田勉カルテット(通称、〈ヒコのりベンBand〉)等 自己のグループのリーダーとしても活動中。

江藤良人(ドラムス) Homepage
1973年4月14日、三重県生まれ。10歳からドラムを始める。'94年 土岐英史セッションでデビュー以後、国内外の多くのミュージシャンとの共演、レコーディング等がある。渡辺貞夫、日野皓正、綾戸智絵、orange pekoe、大野雄二、大西順子、Lee Konitz、Eddie Gomez等々。現在最も忙しいドラマーとしてライヴ、コンサートに精力的に活動中。

Kazuhiko Takeda (guitar)
Takeda was born in Nara, Japan on January 1st, 1936. His music career began in approximately 1957. He formed his own group in around 1962. He has been a member of Mitsuru Nishiyama's group since 1995 and has performed on stage with both domestic and international musicians such as Hank Jones, Terumasa Hino, Mickey Roker(dr), Othelo Molineaux (steel dr), Eddie Henderson, to name a few. He has also done jam sessions with numerous renowned musicians such as Bill Evans, Philly Joe Jones, Kenny Garrett, Russell Malone and so on. Recently, he has performed with Kenny Washington and Lewis Nash. Takeda is also known as an educator for younger generation. His friendly personality also attracts many students, including professionals and amateurs.

Tsutomu Okada (bass)
Tsutomu Okada was born in Ehime, Japan on December 23, 1948. While studying at Sophia University in Tokyo, he started playing Jazz bass. He has played in groups lead by Akira Omori, Fumio Itabashi, Yoshio Ohtomo, Shigeharu Mukai, Mikio Masuda, Motohiko Hino, and Terumasa Hino. He visited US in 1975. After returning to Japan, he has performed and recorded with numbers of international musicians such as Sadao Watanabe's group, Tsuyoshi Yamamoto's trio, Kohsuke Mine's quintet and so on. Recently, he is actively performing as leader of his groups- Tsutomu Okada Trio aka Okadagumi and Tsutomu Okada Quartet aka Hiko-Nori-Ben Band.

Yoshihito Eto (drums)
Yoshihito Eto was born in Mie, Japan on April 14, 1973. He started playing drums at the age of 10. Since he made his debut as a drummer at Hidefumi Tokiユs session in 1994, Eto has been performing and recording with numerous international musicians such as Sadao Watanabe, Terumasa Hino, Chie Ayado, Orange Pekoe, Yuji Ohno, Junko Ohnishi, Lee Konitz, Eddie Gomez to name a few. Currently, he is actively performing at concerts and live shows as one of the most employed drummers.


■録音のこだわり
たった2本だけのマイク。それでジャズを録ろうというのは近年そう多くの例があるわけではないのですが、いくつかの素晴らしい録音が存在します。だから無理ではないのです。けれど簡単でもありません。しかもこれだけのアーティストをそろえて各曲一発録りです。ちょっと考えただけで頭の痛い録音ですが、プロデューサーの磯村さん、エンジニアの東浦さんが良い仕事をされました。録音フォーマットは現在のところでは最も高音質と言える5.6448MHz DSD(WSD)です。ところがWSDはWeiss Saraconがサポートしていないフォーマットなので、このままでは作業が進みません。そこで、録音データをKORG MR-1000にコピーして、2台のMR-1000によるアナログコピーでDSDIFF形式に変換しました。MR-1000の電源には付属のスイッチング電源ではなく、Audio Designのリニア電源アダプターDCA-12Vを使用しました。特に再生用のMR-1000には倍の電流がとれる特別仕様のDCA-12VHCを使用しました。電源をこれにかえることでMR-1000の音質は全く別物と言えるほどに向上します(バッテリー電源よりも良いです)。さらに2台のMR-1000の間にはラインアンプとしてGrace DesignのPre-amp model 201を入れてしっかりと信号伝送しました。このコピーの段階で編集に使う192kHz 24bit PCMにAD変換してしまうこともできるのですが、不思議なことにそうすると編集後にDSDに再変換して戻したときにPCMっぽい音になってしまうのです。つまりAD変換の部分ではDSDでやっておかないと、もとに戻したときにDSDの音にならないようなのです。このあとWeiss Saraconで192kHz 24bitに変換してフェードアウトなどの処理をし、単一指向のマイクで録ったことによる低域のロスを若干補正した(フラットに戻した)以外は何も触らず、もちろんリミッターやコンプレッサーはいっさい使わずオリジナルマスターを作成しました。このオリジナルマスターをさらにWeiss SaraconでCDフォーマットに変換してCD用のマスターを作っています。こうした結果ジャズのCDとしては平均音量がやや低いですが、ピークが生きた、空気感のある音に仕上がっています。質の良い再生装置で聴いていただく程良い音で聴けるCDです。もちろん演奏は超一流。ゆったりとした気分でお楽しみいただきたいです。