WAONCD-3030
(2017年7月9日発売) Open Price

録音日:2016年10月12〜13日
場所:兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホール

Executive Producer:小伏和宏
Reco. Producer & Mastering : 磯村信一郎
Recording : 東浦信二
Translation : 石渡悠起子



《5.6448MHz DSD recording》
Microphone:DPA 4011TL x2
Method:Stereo A-B
Pre-amp:Tube Pre-amp 佐藤俊哉作
Recorder:TASCAM DA-3000
Clock:Antelope Audio Isochrone OCX + SFORZATO PMC-03 (battery powered)
Control amplifier : SPECTRAL DMC-30SV Power amplifier : SPECTRAL DMA-260 Series 2 Loud speakers : Raidho X-1



Cover design, Art work:才村昌子
http://www.saimura-masako.com/

■Profile
安次嶺 悟(ピアノ) 
1957年生まれ。岐阜県出身。大学時代にアレンジの勉強のためピアノをはじめ、そのままプロとして活動を開始した。85年に渡米し、帰国後Real Music Studioを設立。関西圏でライヴ活動をおこなうほか、現在大阪芸術大学の教員もつとめている。05年には第13回中山正治ジャズ大賞を受賞した。リーダー作品として、「For Lovers」('09年)が、主な参加作品として、「Takeda Meets Tana Again」('15年 竹田一彦)、「Live At Just In Time」('09年 竹田一彦)等がある。

小笹了水(ベース) 
1956年生まれ。長崎県出身。75年からプロ活動を開始し、大阪ロイヤルホースのハウス・ベーシスト、北野タダオ & アロー ジャズ オーケストラのメンバーを経て現在はフリーランス。安次嶺をして「あらゆる音楽に精通した関西随一のスタジオ・ミュージシャン」といわしめる名手である。主な参加作品として、「For Lovers」('09年 安次嶺悟) 等がある。

佐々田光則(ドラムス) 
1980年生まれ。京都府出身。高校でドラムをはじめ、ヤマハ音楽院大阪に進学。卒業後は自身のグループのほか様々なバンドで活動している。その繊細な感性を買われ、今回抜擢された。

Satoru Ajimine (piano)
Born in 1957 in Gifu, Japan. He started to play the piano to learn music arrangement and became a professional pianist while he was a college student. Relocated to the U.S. in 1985. Then he founded Real Music Studio after relocating back to Japan. In addition to performing actively around the Kansai region, Ajimine also teaches at Osaka University of Arts. He is a recipient of the grand prize of the 13th annual Shoji Nakayama Jazz Award in 2005. He has released For Lovers under his name in 2009. His other major recordings include Takeda Meets Tana Again (with Kazuhiko Takeda, 2015) and Live At Just In Time (with Kazuhiko Takeda, 2009)

Ryosui Kozasa (bass)
Born in Nagasaki in 1956. He has been performing professionally since 1975. After playing the bass in the house band at Royal Horse, a renowned Jazz club in Osaka and in Tadao Kitano & Arrow Jazz Orchestra, Kozasa currently works as a freelancing musician. Ajimine says that Kozasa is “the best studio musician in the Kansai region who is skilled in any genre of music.” His major recording work is For Lovers (with Satoru Ajimine, 2009.)

Mitsunori Sasada (drums)
Born in Kyoto in 1980. He started playing the drums when he was in high school, then studied at Yamaha Music School in Osaka.
After graduating from the school, he actively performs with various bands. 
He was handpicked for this project for his delicate sensibility.


■録音のこだわり
安次嶺さんのご希望もあって、コンサートホールでの収録です。幸運なことに一番くじを引いて、大人気のホールを2日間押さえることができました。マイク2本によるペアマイクステレオ、フォーマットは5.6448MHz DSDIFFで録音しました。ステージ背後からの反射音が強いので、背面側幅いっぱいに暗幕を張って響きをコントロールしています。マイクアンプも録音機もマイクすぐそばの舞台下に設置し、最短距離のケーブルで接続することで音の鮮度を保っています。最低限の編集だけを行って、マスターを仕上げました。今回はDDPフォーマットで記録したものを工場へ入れて製造してもらっています。高音質なHQCD仕様のCDです。ライブステージさながらの演奏をお楽しみください。