WAONCD-330
(2018年3月3日発売) Open Price

録音日:2017年4月25~28日
場所:能楽堂 嘉祥閣(京都)

Producer, Engineer, Edit:小伏和宏
Art & Rec Producer :平野一郎
Art Director :才村昌子


《5.6448MHz DSD recording》
Microphone:電流伝送マイクロホン
毛利忠晴(PureT Records)2016年型 + Schoeps MK2H無指向性カプセル
Method:Stereo A-B
Pre-amp. : PureT Records PT-CMP01
Recorder:TASCAM DA-3000
Monitor : Grace Design m902B + Senheisser HD580

《192kHz 24bit PCM editing》
DDC:Weiss Saracon-DSD
Monitor : Waon Reference Monitor


Cover design:才村昌子
Art works:前田剛志
Photograph:豊永政史


■Profile
吉川真澄 (声)
大阪、岸和田市生まれ。相愛大学音楽学部声楽専攻卒業。桐朋学園大学研究科声楽専攻修了。平成16年度文化庁国内芸術インターンシップ研修生。2009年間宮芳生作曲オペラ「ポポイ」の世界初演(田中泯演出)の主役に抜擢され、新聞その他各誌で好評を得る。その後も2011年平野一郎作曲モノオペラ「邪宗門」、同「八幡大縁起」の世界初演を務めるほか、原田敬子、大場陽子、渡辺裕紀子を始めとする多くの作曲家の作品の世界初演を果たす。またジャン=クロード・リセ、ウンスク・チン、シルヴァーノ・ブソッティ、べアート・フラーを始めとする多くの作品の日本初演を務めるなど、現代音楽の分野で目覚ましく活躍している。2003年より佐藤紀雄(ギター)と〈DUOうたほぎ〉を、2009年より般若佳子(ヴィオラ)、菊地奈緒子(筝)と〈オトナリトリオ〉を結成。2011年作曲家、演奏家、美術家によるユニット〈音色工房〉に参加。2012–15年、詩人、ピアニストと委嘱初演を重ねる童謡ユニット〈KOHAKU(コハク)〉を結成し連続コンサート「歌われる詩たち」を企画、2015年作曲家平野一郎に女声独唱の為の《四季の四部作》を委嘱する等、極めて個性豊かな活動を展開している。これまでリリースしたCDとして、武満徹のポップソングを新進気鋭の作曲家達がギター伴奏に編曲した『POP SONG』、よく知られた日本の歌を〈DUOうたほぎ〉の為の編曲で収録した『うたほぎ vol.1&2』等がある。第7回松方音楽大賞受賞。第7回三菱UFJ信託音楽賞奨励賞受賞(オペラ「ポポイ」公演に対して)。サントリー芸術財団第15回佐治敬三賞受賞。

Yoshikawa Masumi (female voice)
Born in Kishiwada (Osaka Prefecture, Japan). After graduating from Soai University with a major in vocal music, Yoshikawa completed her postgraduate studies in vocal music at Toho Gakuen School of Music. In 2004, she was selected by the Japan Agency for Cultural Affairs as an art internship trainee. A remarkably active contributor to the field of contemporary music, she won acclaim for her performance as the lead in two world premieres: Michio Mamiya’s opera Popoi in 2009, directed by Min Tanaka, and HIRANO Ichirô’s mono-opera Jashûmon in 2011, as well as his monumental work Hachiman Dai-Engi in 2016. She is a frequent contributor to world premieres, notably for works written by Keiko Harada, Yoko Oba, Yukiko Watanabe, and among others. She has also contributed to premieres in Japan for works by composers such as Jean-Claude Risset, Unsuk Chin, Sylvano Bussotti, and Beat Furrer. The festivals and ensembles in which she has performed are: Suntory Music Foundation’s Summer Festival, Asahi Art Festival, Ensemble Nomad, among others. Since 2004, she has regularly performed with Norio Sato (guitar) as the “DUO UTAHOGI”. In 2009, she started the “OTONARI Trio”, with Yoshiko Hannya (viola) and Naoko Kikuchi (koto), and in 2011 participated in the composer/ musical performer/ artist group “Onsyoku Kôbô (Atelier Timbre)”. From 2012 to 2015, after forming the children’s songs group “KOHAKU” with a poet and a pianist, she participated in premiering commissioned works and organizing the concert series “Utawareru Shi-tachi (Poems To Be Sung)”. In 2015, she began developing activities in a style all her own, starting with the commission of The Seasons Tetralogy for solo female voice that she proposed to the composer HIRANO Ichirô. Her album releases include “Pop Song”, a new arrangement of Toru Takemitsu’s works for soprano and guitar; “Utahogi Vol. 1 & 2”, a collection of well-known Japanese songs newly arranged for DUO UTAHOGI, among others. She has received the Grand Prix at the 7th Matsukata Hall Music Awards, the 7th Mitsubishi UFJ Trust and Banking Music Award (for performance in the opera Popoi), and the 15th Keizo Saji Prize from the Suntory Foundation for Arts.


■録音のこだわり
平野一郎さんがとんでもない曲を書いたものだから、吉川真澄さんが演奏する「春の歌」「夏の歌」「秋の歌」「冬の歌」は凄まじいのです。たった一人で長時間、万象の息づきを全身で奏で続けるのです。ffffの最大音量をDSD録音の最大値+3dBにしておいても最弱音では最少-65dBのメーターが全然振らない程のダイナミックレンジ。演奏し続けるのがどれほどのエネルギーを要するか。またそれを録ることがどれほど大変か。能舞台というのはとても変わった空間で、非対称だし、入れ子建物だし、響きと吸音と拡散と放射が入り乱れているし、そのせいで摩擦音のような直接音だけの音と歌声のような多くの響きを伴う音とでは同じ場所で発してもぜんぜん違うところから聞こえてきます。「春の歌」の冒頭の鳥のさえずりは右や左や前や上やと瞬間移動するのですけれど、吉川さんは舞台の真ん中から一歩も動いてはいないのです。こういう音場感を録るのがどれほど大変か。サラウンドで擬似的なものを作るのとは大違い。能舞台の床を踏み鳴らすと20Hzくらいの低音からドンと立ち上がる。人の声とは思えない特殊発声の倍音はかるく20kHzを超えてもかなりな音圧を維持している。これだけの帯域を応答よく録るのがどれほど大変か。またこれをCDという限られた(と言っても実は相当広い)器に突っ込まなければならない。低域から超高域まで容赦ない高音圧が入っているし、200Hz〜10kHzあたりのノイズフロアは-96dB、つまりCDでは「無音」のレベルだし。もちろん圧縮かけたりしてません。この器を端から端まで使った録音を、お聴きいただく方にも相当頑張っていただかなくては全部は聞こえないかもしれません。ちゃんと鳴らせればHiResではなくても相当お楽しみいただけると思います。到底歯が立たんとおっしゃるのなら、Apple musicやiTunesの配信用音源は4.4dB底上げしていますので、そちらなら幾分聞きやすいでしょう。高音質かつスーパーローノイズな電流伝送マイクでのペアマイクステレオ収録、高音質CDであるHQCDあったればこそ実現した録音です。とても素晴らしい曲、神々しい演奏、幸運にも器に突っ込めた録音。是非ともディスクで買って聞いてみてください。幽玄の世界を存分にお楽しみいただけるはずです。