WAONXA-098
(2012年7月19日発売) Open Price

録音日:2007年5月20日〜22日
場所:アートコートギャラリー(大阪)

Producer, Engineer, Edit:小伏和宏
Assistant Director:綾部曜子
調律・楽器調整:加屋野木山



《DSD recording》
Microphone:Earthworks QTC-1mp
Method:One point stereo A-B
Pre-amp:Millennia Media HV-3C type I
Recorder:TASCAM DV-RA1000
Clock:Rosendahl nanosyncs
Monitor : Bakoon Products SCA-7511改 +Sennheiser HD580 w CLOU cable
PB Monitor : Waon Reference Monitor

《96kHz 24bit PCM editing》
DAW:Waon DAW mk III
DSD to PCM DDC:dcs974
PCM to DSD DDC:Weiss Saracon-DSD
Monitor : Waon Reference Monitor



Cover design, Art work:才村昌子
http://www.saimura-masako.com/

■Profile
ラファエラ・ダンクザークミュラー
13歳からウィーン音楽大学にてハンス・マリア・クナイフスからリコーダーのレッスンを受ける。最優秀の成績で同大学を卒業。さらにアムステルダム音楽院にて、ワルター・ファン・ハウエに師事、演奏家ディプロマを取得して同音楽院を卒業。1989年にオランダ・ユトレヒトで行われたSONBUリコーダー・コンクールにて第一位を獲得したのをはじめ数々のコンクールに入賞。また、マレ・サイモン・リコーダー・カルテットをはじめ、数多くのアンサンブルのメンバーとして、演奏会、録音、放送など活発な活動をヨーロッパ各地で行っている。アムステルダム在住。

西谷尚己
桐朋学園大学卒業、同大学研究科修了。翌年よりオランダに留学し、デン・ハーグ王立音楽院をソリスト・ディプロマを得て卒業。ヴィオラ・ダ・ガンバを宇田川貞夫、中野哲也、ヴィーラント・クイケンの各氏に師事。ネーデルランド・ダンスシアターのプロジェクトに出演するなど、オランダ各地でソリスト、通奏低音奏者として演奏活動を行い、2000年に帰国。日本各地で演奏活動を繰り広げている。

大塚直哉
東京芸術大学大学院チェンバロ専攻、アムステルダム音楽院チェンバロ科およびオルガン科修了。「アンサンブル コルディエ」「バッハ・コレギウム・ジャパン」などのアンサンブルにおける通奏低音奏者として、またチェンバロ、オルガン、クラヴィコードのソリストとして活躍するほか、これらの楽器に初めて触れる人のためのワークショップを各地で行っている。チェンバロのソロCD「トッカーレ[触れる]」(ALM RECORDS)のほか録音多数。現在、東京芸術大学、神戸松蔭女子学院大学ほか非常勤講師、宮崎県立芸術劇場オルガン事業アドヴァイザー。公式サイトhttp://homepage3.nifty.com/utremi/

Raphaela Danksagmueller
Born in Ried, Austria. After completing her studies at the Wiener Hochschule fuer Musik und darstellende Kunst, cum laude, she continued studying recorder at the Conservatorium van Amsterdam with Walter van Hauwe. As a soloist and member of various ensembles Raphaela performed in The Purcell Room in London, the Metropolitan Museum in New York, the Cawaguchiko Hall in Tokyo, the Erasmushuis in Jakarta, at the Varna Summer Festival in Bulgaria, in the Izmir Concerthall in Turkey, the Concertgebouw Amsterdam. Next to Ziggurat she is a member of the Renaissance ensemble Mezza Luna, the Turkish/Dutch Anatolia Ensemble and Ensemble Thuraia. She was awarded prizes at the International Recorder Symposium Calw in Germany, the Early music Festival in Belgium and at the International Gaudeamus Competition in the Netherlands. In 2002 Raphaela was teaching at the Hochschule der Kuenste in Berlin. Since 2002 Raphalea has been studying duduk with Gevorg Dabaghian in Yerevan, Armenia.

Naoki Nishitani
Born in Shizuoka, Japan. After the concert activity as a choir boy, he started to study Viola da Gamba and Continuo with Sadao Udagawa and he got the Diploma at Toho Gakuen School of Music (studied with Tetsuya Nakano). Furthermore he studied with Wieland Kuijken in Den Haag. Now Nishitani is playing with Ensemble du Soleil, Coffee Cup Consort and other Ensembles in Japan and Europe.

Naoya Otsuka
After studying in Tokyo with Masaaki Suzuki and Yoshio Watanabe, Otsuka went to Amsterdam to study Harpsichord with Bob van Asperen and Organ with Jacques van Oortmerssen, As well as a solo performer he is quite active as a continuo player in the many ensembles, among them are Bach Collegium Japan and Ensemble Arion etc. In 2006 he was invited to give the concerts and make recording at Academia d'Archi Bolzano as a soloist of Double Concerto by C.P.E.Bach. Now Otsuka is teaching Harpsichord and Continuo at Tokyo National University of Fine Arts and Music, organ at the Kobe Shoin Women's University. http://homepage3.nifty.com/utremi

Photo by Kazuhiro Kobushi (Leica R8, Summilux-R 50mm/f1.4 II, Kodak Portra 400NC & Canon PowerShot G7)


■録音のこだわり 録音セッションでのこだわりはCD盤の方をご覧下さい。
充分に評価が重ねられている高音質音源を、このところ充分実績を積んできた変換方法で変換しているので、できあがったDSDIFF音源は自信が持てる仕上がりです。ところがひとつ困ったことが起こりました。ハイレゾシリーズが始まって以来、そのマスターディスクには三菱化学のGreen Tune DVD-Rを用いてきました。とても優れた音質を持ったディスクですが、ハイレゾシリーズが始まった段階ですでに生産が完了しており、手に入るだけまとめ買いして少しずつ使ってきていました。しかし「オランダバロックの愉悦」のDSD盤(WAONXA-048)をマスタリングしたのが最後の1枚でした。「うつろな瞳」を入れるマスターディスクがないのです。そこでこれに代わるものを調達しようとしましたが、Green Tuneは全く絶望的ですし、太陽誘電のものもマスターグレードのものは古いストックしかありません。かつて三井化学に金色の色素を使った優れたものがありましたが、それもとうの昔に消滅....と思っていたら、先日海外での収録をお願いしたヨーロッパのエンジニアさんからヒントが。何と三井化学ゴールドそのものが現在でも生産されている! サンプルを送ってきてくれました。これが素晴らしいではないですか! 調べてみると、日本での生産完了後、アメリカでMitsui Advanced Media Americaという会社をおこして生産を続行していたのでした。今は三井化学本体は撤収しているもののMAM-A社として、この会社はその製造資産を質を落とすことなく脈々と引き継いできていたのでした。早速MAM-A社からシリーズ中最高グレードのMAM-A 24kt Gold Archive DVD-R 4.7GB x8という低速書き込み用のディスクを取り寄せ、マスターディスクを作ってみました。これが結果は上々。今後はこれをマスター用として採用決定です。同時にCDのマスター用のMitsu Gold CD-Rも残り少なくなっていたので、MAM-A 24kt Gold Audio Master CD-Rも合わせて取り寄せました。こちらも最初の簡単な検証の結果、Mitsui Goldに近い結果が出ており、使いこなしの調整をすることで次世代マスターディスクとして使用することができそうです。