WAONXA-106
(2011年11月11日発売) Open Price

録音日:2007年7月11日〜13日
場所:神奈川県立相模湖交流センター

Executive Producer:小伏和宏
Artistic Co-producer:上畑正和
Recording & Edit:小伏和宏
調律・楽器調整:安達正浩



《DSD recording》
Microphone:Earthworks QTC-1mp
Method:One point stereo A-B
Pre-amp:Grace Design model 201
Recorder:TASCAM DV-RA1000
Clock:Rosendahl nanosyncs
Monitor : Waon Recording Monitor

《96kHz 24bit PCM editing》
DAW:Waon DAW mk III
Monitor : Waon Reference Monitor



彫刻:Pablo Posada Permikoff
Cover design:才村昌子
http://www.saimura-masako.com/

■Profile
上畑正和 作曲・足踏みオルガン  http://www.uz-world.com
独学で作曲と和声研究に没頭し、ジャンルを超えた独自のスタイルを確立する。彼の作品はPOPなメロディと美しい響きをベースとしている。CM音楽を中心に、アニメ、TV番組ヘの楽曲提供、またジャンルを問わずアーティストの為に作編曲、プロデュース等も手掛ける。近年、ピアノ、足踏みオルガンでのソロ活動に勢力を注いでいる。ライブでは、必ず即興演奏をし、ヴァイオリン・チェンバロ・笙・ニ胡・カリンバ・尺八・オカリナなど様々な楽器とのコラボレーションにも積極的で、美しく調和した演奏を聴かせる。ソロCDは「luzsombra」「Raz e del」をリリースしている。
Masakazu Uehata Composer, Reed organ
Taught himself composing and harmony, creating this way, his own outstanding style, outside all known genres. His works are based on pop melody with beautiful sound effects. He mainly works on music for TV commercials, animation and TV programs. He also arranges and produces songs for artists in a wide range of genres. Lately he is dedicated to creating solos for piano and the reed organ. He actively participates in collaborations with violin, harpsichord, flute, shakuhachi (Japanese bamboo flute), and ocarina. He has released two solo albums, "Luzsombra" and "Raz e del".

崎川晶子 チェンバロ  http://homepage2.nifty.com/sakikawa/
桐朋学園大学ピアノ科を卒業。ピアノを故井口基成、兼松雅子、ジャン=クロード・ヴァンデンエイデン、指揮伴奏を故斉藤秀雄に師事。グスタフ・レオンハルトの演奏に触れてチェンバロに開眼し、シャルル・ケーニッヒ、渡邊順生、パリの古楽コンセルヴァトワールでノエル・スピースに師事、一方フォルテピアノをパトリック・コーエンに師事した。ドレスデン・カンマーゾリステン、デイヴィッド・トーマスなど、外国アーティストとも共演多数。室内楽、コンチェルト、ソロ等多方面で活躍している。「音楽の泉シリーズ」を主催。近年多くのCDを積極的にリリースし、いずれのCDも専門誌などで高い評価を得ている。ソロCDは「クラヴサンの魅力」「モーツァルトの光と影─ピアノ作品集」(セシルレコード)、上畑正和作品集「夢見る翼─Dream of NIKE」(ワオンレコード)をリリース。渡邊順生氏との共演では「バッハ2台のチェンバロのための協奏曲」「J.S.バッハ・チェンバロ協奏曲集」「モーツァルト・フォルテピアノ・デュオ」(ALMレコード)でレコード芸術誌レコードアカデミー賞2006器楽部門賞を受賞している。
Akiko Sakigawa Harpsichord
Graduated from Toho Gakuen College of Music with a degree in piano. There she studied under Motonari Iguchi, Masako Kanematsu, and Jean-Claude Vanden Eynden. She studied conducting while accompanying under Hideo Saito. Strongly inspired by a concert given by Gustav Leonhardt, she began harpsichord studies with Charles Koenig, Yoshio Watanabe, and Noelle Spieth (at the Paris Conservatoire de la Musique Ancienne). She studied the fortepiano with Patrick Cohen. In recent years, she has been actively releasing CDs, which have all received excellent reviews in music magazines. The CD in collaboration with Yoshio Watanabe "Mozart: Fortepiano Duo" [ALM Records] received a Record Academy Award in 2006.

橋本薫明 鳳笙
武蔵御嶽神社の神職として笙を始め、日本雅楽会のメンバーとして国内外の公演に出演。近年、笙の新たな音楽性を引き出すべく、近代楽器や民族楽器などと積極的に共演を重ね、古典技法にとどまらない笙の演奏法の開拓を目指している。また、明治選定譜以前の雅楽の復曲と演奏活動を行っている。「青梅楽所」「鳳笙の会」主宰。「新宿朝日カルチャーセンター」雅楽講師。CD「月の満ちるとき」をリリース。
Yoshiaki Hashimoto Sho no fue (Seventeen-pipe bamboo flute)
As a Shinto priest from the Musashimitake Shrine in Japan, he started the Sho no fue (seventeen-pipe bamboo flute). He is a member of the Japan Court Music Society, performing both in Japan and abroad. He endeavors lately in trying to develop the techniques for the instrument and to showcase its music in a new, more modern light. For this purpose, he doesn't restrict himself to the traditional music and techniques, but plays modern music and performs with folk music groups. Released a CD called "When the Moon Rises".

亀井真知子 イングリッシュ・ハンドベル
高校在校中、ハンドベル部に所属。ハンドベルとの出会いにより、音楽の奥深さや楽しさに目覚め、音楽の道に進むことを決意する。2004年武蔵野音楽大学ピアノ科を卒業。2005年より、東洋英和女学院中高部にて音楽科非常勤講師として勤務しつつハンドベルの演奏を続けている。
Machiko Kamei English Hand Bells
She was a member of the hand bell club in high school. It was this experience with music that moved her to go into the world of music. In 2004 she graduated from the Musashino Academy of Music in Tokyo, Japan as a piano major. She started teaching at the Toyo Eiwa Jogakuin Junior/ Senior High School as a part-time music teacher in 2005 and continues to play the hand bells.


■録音のこだわり 録音セッションでのこだわりはCD盤の方をご覧下さい。
リードオルガンと鳳笙の音の違いが、CDでは今一はっきりと分からないことがあったのですが、96kHz 24bitで聴いていただくと、2つの楽器の違いが少しはっきりと捉えることができます。ここに収められた楽器はどれも高い音の倍音成分が多いものばかりですので、ハイレゾでこそ本来お楽しみいただけるものだと言えるかもしれません。もともとはDSDで録音していますし、編集のために96kHz 24bitに変換するのもdcs974のパラメータを慎重に吟味して変換していますので、音質的にはかなり満足いただけるのではないかと思います。とても気持ちを穏やかにしてくれる上畑さんの曲を充分にお楽しみ下さい。