WAONXA-118
(2013年3月27日発売) Open Price

録音日:2007年7月4日〜6日
場所:高島市生涯学習センター・アイリッシュパーク ガリバーホール

Producer, Engineer, Edit:小伏和宏
Director:綾部曜子
調律・楽器調整:春山直岳



《DSD recording》
Microphone:
MBHO MBP604/KA1100K pair
MBHO MBP604/KA100LK pair ※
  ※for harpsichord solo
Method:One point stereo A-B
Pre-amp:Grace Design model 201
Recorder:TASCAM DV-RA1000
Clock:Rosendahl nanosyncs
Monitor : Waon Recording Monitor

《96kHz 24bit PCM editing》
DAW:Waon DAW mk III
DSD to PCM DDC:dcs974
PCM to DSD DDC : Weiss Saracon-DSD
Monitor : Waon Reference Monitor



Cover design:才村昌子
http://www.saimura-masako.com/

■Profile
ラ・スフェラ・ムジカーレは2002年、ロンドンの英国王立音楽大学(Royal College of Music)に在学中、メンバーが出会い結成。その後もソプラノ、カウンターテナーと通奏低音の息の合ったコンビネーションでバロック、ルネサンスのあらゆるレパートリーを探究し、演奏している。メンバー各々の目覚しい活躍はもとより、若手のエキサイティングなアンサンブルとしてイギリス国内をはじめ、スウェーデン、日本でもコンサートを展開している。2007年には鈴木雅明氏指揮、仙台バロックアンサンブルとブクステフーデの「最後の審判」の日本初演に出演。2005年日本古楽コンクール山梨にて第3位(1,2位なし)入賞、2006年ブルージュ国際古楽コンクールにて審査員特別奨励賞(Honourable Mention Prize)を受賞。これまでに、ロレンス・カミングス、アシュレイ・ソロモン、ジェレミー・ウェストなど著名な音楽家のコーチングを受け、強い影響を受けている。

広瀬奈緒(ソプラノ) 
2001年英国王立音楽大学大学院古楽科に入学する。2002年にソリストディプロマ(国家演奏家資格)を最優秀賞付きにて取得。翌2003年には上級ソリストディプロマを最優秀賞にて取得し卒業した。英国・ヨーロッパにおいてソリスト、アンサンブルのメンバーとして活躍した後2004年に帰国。ヘンデルの「メサイア」、バッハの「ヨハネ受難曲」「ロ短調ミサ」、パーセルの「ディドとエネアス」、モーツァルトの「ハ短調ミサ」を始め、シャルパンティエ、テレマン、ブクステフーデ、モンテヴェルディーなどのソリストを務める他、ダウランド、アーン、エクルズ、ブロウなど日本には馴染みの薄いイギリスバロックの作品にも精力的に取り組む。またアンサンブルのメンバーとして「キャノンズ・コンサート室内合唱団」「バッハ・コレギウム・ジャパン」「モーツァルト・アカデミー・トウキョウ」などに出演している。これまで、鈴木優子、波多野睦美、ナンシー・アルジェンタに師事。第18回古楽コンクール山梨ソリスト部門において奨励賞を受賞している。英語の美しい発音と深い表現力には定評がある。

マジッド・エル・ブシュラ(カウンターテナー)
マジッド・エル・ブシュラはスーダン人の父とイギリス人の母の間に、スーダンで生まれロンドンで育つ。オックスフォード大学のモードレンカレッジ、英国王立音楽大学、ベルギー(ゲント)のフランドル・オペラスタジオにて研鑽を積んだ。レパートリーの幅は広く、オペラでは、コンサート・スピリチュエルとデトゥーシュの「カリロエ」、ブリティッシュ・ユース・オペラとブリテンの「真夏の夜の夢」に出演。アルト・ソロとして、シャルパンティエの「シャルパンティエの墓碑銘」でイル・セルミナーリオ・ムジカーレと共演。また「シェーズ・ディユ・フェスティバル」「ルーアン・フェスティバル」ではバッハのミサ曲を、日本では鈴木雅明氏指揮ブクステフーデの「最後の審判」を、パリのオペラ・バスティーユでフーバーの「ミゼレーレ・オミニブス」を、ケルンではプラッツの「ボウターデン」等を好演、国際的に活躍している。BBC3をはじめ、ラジオスイス, ラジオフランスにも多数出演。

マリア・ザッカリアドゥ(バロック・チェロ)
マリア・ザッカリアドゥはギリシァ人の両親のもと、スウェーデンのストックホルムに生まれた。マーティン音楽学生奨学金などを得て、英国王立音楽院(Royal Academy of Music)及び英国王立音楽大学の演奏家コースにてバロックチェロをジェニファー・ワード・クラーク氏に師事。在学中は同校のバロックオーケストラのソリストをつとめた。2003年2004年と連続でヨーロッパユニオン・バロック・オーケストラのチェリストに選抜され、世界ツアーに参加。またオーケストラ・エイジ・オブ・エンライトメントやフロレジウムなどイギリスの主要なバロックオーケストラで活躍。他にもアリソン・マクギリヴリーやキャサリン・マッキントッシュ、ロレンス・カミングス、ロイ・グッドマン各氏をはじめ、日本では鈴木雅明氏との共演を通し、多大な影響を受けている。現在、ジェニファー・ワード・クラーク氏所有の英国製ロビン・エイチソンのバロックチェロを使用している。

林 美枝(チェンバロ)
京都市出身。英国王立音楽院大学院、及び英国王立音楽大学大学院上級ディプロマコースを最優秀賞付きで卒業。ロンドンを拠点に、イタリア、スペインなどで演奏活動を行い、イギリス国内では、フェントンハウス、ヘンデルハウス、セント・ジョンズ・スミス・スクエアなどで演奏。またロンドン・バッハ音楽祭、ロンドン・ヘンデル音楽祭をはじめ、バルセロナ古楽祭などに出演。ポルトガルでは、アンナー・ビル スマ氏と共演した。ロンドン・ヘンデル・オーケストラやアイリッシュ・バロック・オーケストラの通奏低音奏者を務めたり、2006年に帰国後は、鈴木雅明、有田正広の各氏との共演など、関西を拠点に活動をしている。これまでに、中野振一郎、ロレンス・カミングス、ロバート・ウーリーの各氏に師事。またケネス・ギルバート氏のレッスンや、デンハーグにてバルトルト・クイケン氏のコーチングなどを受けて研鑽を積む。クロフト古楽プライズ、ルース・ダイソンプライズ、アマデウス・フォルテピアノプライズを受賞。ヨーク古楽コンクールファイナリスト。

La Sfera Musicale met originally at the Royal College of Music in London 2001, from where they all graduated in 2003. A shared interest in the exploration and performance of the varied repertoire available for the combination of soprano, countertenor, Baroque 'cello and harpsichord prompted the formation and continuing collaboration of the group. While pursuing busy individual careers, performing both at home and abroad, the group have nevertheless established themselves as a young and exciting ensemble, having given concerts in England, Sweden and Japan, including a concert conducted by Maasaki Suzuki with the Sendai Baroque Orchestra. With several prizes and distinctions amongst them, they also collected the top prize at the International Early Music Competition 2005 in Yamanashi, Japan, and an 'Honourable Mention' prize at the 2006 Featival of Early Music in Brugge, Belgium. Future engagements include, amongst others, a second tour of Sweden, and performances in London, Oxford and Belgium. The group have received tuition and inspiration from many distinguished musicians such as Emma Kirkby, Stephen Preston, Nancy Argenta, Ashley Solomon, Jeremy West, Robert Woolley and Jennifer Ward Clarke.

Nao Hirose was awarded a Postgraduate Diploma in Vocal Performance with distinction from the Faculty of Early Music at the Royal College of Music, London, in 2002. The following year she was also awarded an Advanced Diploma, and again graduated with distinction. Since graduating, she has given recitals as a soloist both in Britain and abroad, performing with various ensembles in Britain and Europe. As a soloist, she won an Honourable Mention at the Eighteenth International Early Music Competition in Yamanashi 2004. Since returning to Japan in 2004, Nao Hirose has performed in Handel's Messiah, Bach's St John passion and B minor Mass, Purcell's Dido and Aeneas, Mozart's Mass in C Minor, as well as in various concerts of music by Charpentier, Telemann, Buxtehude and Monteverdi. She has a particular interest in music of the English Baroque, by composers such as Dowland, Eccles, Blow and Arne, in which the quality of her English pronunciation and the depth of her expression have been widely recognised. She has performed with various ensembles, including the Canons Concert Chamber Choir, Bach Collegium Japan and Mozart Academy Tokyo. Her teachers include Yuko Suzuki, Mutsumi Hatano and Nancy Argenta.

Magid El-Bushra, countertenor, was born in the Sudan and studied at Magdalen College, Oxford, the Royal College of Music, and at the Flanders OperaStudio in Ghent. He has sung in the opera Callirhoe by Destouches, with Le Concert Spirituel/Herve Niquet, and Oberon in Britten's A Midsummer Night's Dream for British Youth Opera. On the concert platform he has performed as a soloist in Charpentier's Epitaphium Carpentarii with Il Seminario Musicale/Gerard Lesne; the alto solos in Bach's Mass in A and Mass in G at the Festival de la Chaise Dieu, and the Festival de Rouen; Buxtehude's Das Juengste Gericht with Masaaki Suzuki and the Sendai Baroque Ensemble in Japan; the premiere of Klaus Huber's Miserere Hominibus at the Opera Bastille, Paris with Les Jeunes Solistes/Rachid Safir (also recorded on the Soupir label), and the premiere of Robert Platz' Boutaden for the Westdeustcherundfunk in Cologne. He has appeared in numerous broadcasts for BBC Radio 3, Radio Suisse and Radio France.

Maria Zachariadou was born in Stockholm of Greek parentage. She has pursued her studies in baroque cello with Jennifer Ward-Clarke in London, as well as in Stockholm and D殱sseldorf. During her studies she gained full tuition scholarships and she was kindly supported by, amongst others, the Musicians Benevolent Fund and the Martin Musical Scholarship Fund. A member of the European Union Baroque Orchestra in the 2003/2004 season, Maria performed as the cello soloist with the Royal College of Music in the London Baroque Orchestra under Micaela Comberti's leadership. Other engagements have included performing as part of the Jerwood/Orchestra of the Age of Enlightenment String Scheme and work with the renowned early music ensemble, Florilegium. Other baroque tuition, influences, inspiration and people she has worked with include Masaaki Suzuki, Alisson McGillivray, Cathrine Macintosh, Laurence Cummings and Roy Goodman. Maria is playing on a Robin Aitchison baroque cello made in Ely 1999.

Mie Hayashi was born in Kyoto, Japan. In 1998 she moved to the UK and later graduated from both the Royal Academy of Music and the Royal College of Music with Distinction. Mie has appeared at Fenton House, Handel House, Banqueting House and St John's Smith Square. She has given concerto and solo performances at the London Bach Festival, London Handel Festival, Cheltenham International Music Festival and Barcelona Early Music Festival. Her performances have been broadcast on BBC Radio 3 and Spanish Radio. She has shared on the concert platform with esteemed musicians such as Anner Bylsma, Max van Egmond, Masaaki Suzuki and Masahiro Arita, and has worked with the London Handel Orchestra, Classical Opera Company and Irish Baroque Orchestra (Soloists). Awards include the Ruth Dayson Early Keyboard Prize, the Amadeus Fortepiano Prize, the Croft Early Music Prize, also she was a finalist of the York Early Music Young Artists Competition in 2001. Her teachers include Laurence Cummings, Robert Woolly, the late John Toll and Kenneth Gilbert.


■録音のこだわり 録音セッションでのこだわりはCD盤の方をご覧下さい。
人の歌声というのは実に複雑な倍音を含んでいて、その上とても広いダイナミックレンジ(音の大小の差)を持っているので、CDという限られた器に押し込むのが最も難しいもののひとつです。逆にハイレゾこそこの音源を再生するのに持ってこいとも言えるわけです。録音時のDSD音源を96kHz 24bit PCMに変換するのにはdcsの974を使っていましたので、今回DSDに戻すにあたってもdcs974を使うことを考え、Weiss Saracon-DSDとどちらが良いのか比べてみました。なかなか微妙な違いではあって、どちらにもそれぞれの良さがあったのですが、Saraconで変換したものの方が楽しく聴けるようだったので、そちらを採用しました。WAVE盤がとてもクリアに歌や楽器が浮き立ってくるように聞こえるのに対し、このDSD盤はクリアに聞こえつつもまるで美味しいスープのように全体がまろやかに融けあって独特の温かい音世界ができ上がっています。WAVE盤とDSD盤とどちらにもやはりそれぞれ良さがあって、どちらが良いとは言えませんが、収録した音を隅々まで味わい尽くしたい方にはWAVE盤を、とにかくホッコリ良い気持ちで音楽に浸りたい方にはDSD盤をお薦めしておきましょう。