WAONXA-206
(2011年11月25日発売) Open Price

録音日:2009年9月28日/12月7日/2010年3月6日/6月21日
場所:日本基督教団 富山鹿島町教会

Producer, Engineer, Edit:小伏和宏
Co-producer:兼岩好江(Office ARCHES)
Director:綾部曜子
楽器調整 : 和久井輝夫



《96kHz 24bit recording》
Microphone:MBHO MBP604/KA100LK
Method:Stereo A-B
Pre-amp & ADC : Grace Design Lunatec V3
Recorder:Metric Halo MIO Console v5
Audi I/O:Metric Halo Mobile I/O 2882 2d expanded
Monitor:Grace Design m902B + Sennheiser HD580/Clou Cable

《96Hz 24bit PCM editing》
DAW:Waon DAW mk III & "nigra sum"
Monitor : Waon Reference Monitor



Cover design:才村昌子
http://www.saimura-masako.com/

■Profile
松原葉子(リードオルガン)
1973年、富山生まれ。幼少の頃よりピアノを始める。15歳より教会での礼拝奏楽に携わり、教会音楽の学びを志す。フェリス女学院大学音楽学部楽理学科卒業。オルガンを林佑子、宮本とも子、三浦はつみ、作曲を岡島雅興、松本日之春、土田英介、音楽学を寺本まり子、秋岡陽 の各氏 に師事。2000年「立教学院創立125周年記念教会音楽作曲コンクール」3位入賞。日本オルガン研究会、日本リードオルガン協会、日本賛美歌学会会員。日本基督教団富山鹿島町教会オルガニスト。

Yoko Matsubara (reed organ)
Yoko Matsubara was born in Toyama, started to learn playing the piano since early childhood, has been engaged in the church-service music from the age of 15, and intended to study the church-music. She was graduated from Ferris University, College of Music, Department of Musical Arts, studied the organ under Yuko Hayashi, Tomoko Miyamoto, Hatsumi Miura, composition under Masaoki Okajima, Hinoharu Matsumoto, Eisuke Tsuchida, and musicology under Mariko Teramoto, Yo Akioka. She won the third prize in the contest of composition of the church-music for the 125 anniversary of the foundation of Rikkyo Gakuin. She is a member of Japan Organ Society, Reed Organ Club Japan, and the Hymn Society in Japan and now the organist for the United Church of Christ in Japan, Toyama Kashimacho Church.

Photo by Kazuhiro Kobushi (Canon EOS50D, Sigma 24-70mm/f2.8 DG Macro)…ジャケット表紙も同様


■録音のこだわり 録音セッションでのこだわりはCD盤の方をご覧下さい。
リードオルガンという意味では「光のしずく」(WAONXA-106)と同じですが、この音源は、もともと96kHz 24bit PCMで録音しているので、録音セッションの時にこのフォーマットに変換して以降、編集も含めていっさいのデジタル−デジタル変換をしていないピュア音源だというところが特徴です。リードオルガンの倍音はなかなかに複雑です。それはリードの振動に細かな揺らぎがあるからのようで、そこから生じる倍音のハーモニーは、実にカオスのごときです。でもそこには何とも言えない温かさと柔らかさを持ったハーモニーが存在します。CDフォーマットでは、残念ながら数kHz以上での位相情報が随分怪しくなっていますので、この独特の倍音のハーモニーは、かなり高級な再生装置をもってしても充分に再生することはとても難しいのです。サンプリングが96kHzになりますと、かろうじて可聴域の上の方まで位相情報が保たれますので、このハーモニーが再生できるようになってきます。この素晴らしい楽器によるすてきな演奏をぜひお楽しみ下さい。