WAONXA-228
(2013年4月10日発売) Open Price

録音日:2012年5月4日〜6日
場所:イタリア、フィエンメ渓谷

Producer:小伏和宏
Rec. & Edit.:Edoardo Lambertenghi
Mastering : 小伏和宏



《96kHz 24bit recording & Editing》
Microphone:
Schoeps Mk2S x2 (Daiano & Cavalese)
Schoeps Mk21 x2 + Mk4 x2 (Predazzo)
Pre-amp : Millennia Media HV-3 &
RME Fireface 800 internal
Audio-I/O : RME Fireface 800

《Mastering》
DDC to DSD:Weiss Saracon-DSD



Photograph : Edoardo Lambertenghi,
Stefania Endrici,
Ai Yoshida (Landscape)
Cover design, Art work:才村昌子
http://www.saimura-masako.com/

■Profile
Organ Duo
二人のオルガニスト、吉田愛&アレックス・ガイは、2006年にOrgan Duoを結成し、オルガン4手連弾、2台オルガン、オルガンソロ、オルガンとチェンバロなど、様々なアンサンブルを通してパイプオルガンの幅広い魅力を紹介している。これまでにヨーロッパの国際オルガンフェスティバルや教会、日本のコンサートホールなどに招待され、積極的に演奏活動を行っている。(www.aialexorgano4mani.com)

吉田 愛(パイプオルガン)
東京都出身。武蔵野音楽大学卒業後、渡独。ドイツ・リューベック音楽大学、同大学院に於いてディプロマ及びドイツ国家演奏家資格を最優秀にて取得。また文化庁芸術家在外研修員として同校教会音楽科でドイツ教会音楽家資格を得る。1996年オランダ・マーストリヒト、2002年スイス・ローザンヌでの各国際コンクールでの受賞を機に演奏活動を開始。現在はイタリアを拠点にヨーロッパ各地、アメリカ、日本において幅広く活躍している。2002〜2006年、盛岡市民文化ホール専属オルガニスト。初ソロCD「バッハとイタリア」(2010年 ワオンレコード WAONCD-170)は、レコード芸術誌「特選盤」、音楽現代誌「推薦」、CDジャーナル誌「注目盤」などに選ばれ注目された。オルガンを藤枝照久、M.ハーゼルベック、L.ギエルミの各氏に師事。日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。

アレックス・ガイ(パイプオルガン)
イタリア・ヴェネト州出身。パドヴァ音楽院でオルガンと作曲をE.ダリオ、R.リヴィエリ、ミラノ市立音楽院で古典奏法をL.ギエルミ、ヴィチェンツァ音楽院でチェンバロをP.マリサルディの各氏に師事。2001年「G.ジャルダ賞」コンクールにて受賞、同年「第5回ガエタノ・カッリード国際オルガンコンクール」で第3位。以後ヨーロッパ、日本各地の国際フェスティバルで広く演奏活動を行っている。1992〜2005年、コルディニャーノ市教会オルガニスト。現在は北イタリア・ドロミテ山麓のアンドレア・ゼーニ・オルガン工房(www.andreazeni.it)に於いてパイプの整音を中心にオルガン製作に携わり、パイプオルガンという楽器を探究し続けている。

Organ Duo
Alex Gai & Ai Yoshida, husband and wife, in 2006 founded an Organ Duo dedicated to music for four-hand organ, two organs, solo organ, organ and harpsichord. They have been invited to several International Organ Festivals in Europe and Japan (www.aialexorgano4mani.com).

Ai Yoshida
Lives in Italy and plays in concerts as a soloist in several International Organ Festivals in Europe, the USA and Japan. She also performs chamber music and collaborates with several orchestras and choirs. Ai Yoshida was born in Tokyo and, after getting an organ diploma, specialized in organ music at Musikhochschule Luebeck in Germany obtaining diplomas in sacred music and as a soloist with the highest distinction. She has studied organ with T. Fujieda, M. Haselboeck, and L. Ghielmi and has attended numerous courses with European interpreters.She is a prizewinner at the international organ competitions of Maastricht-1996 (Holland) and Lausanne-2002(Switzerland) and was the titular organist at "Morioka Civic Cultural Hall" in Japan from 2002 to 2006.The CD "J.S. Bach e l'Italia" (2010 Waon records-A. Zeni organ) received several awards by music critics.

Alex Gai
After obtaining a diploma in organ with full marks in Padua, he specialized in baroque music at Accademia Internazionale della Musica in Milan. He studied with E.Dario, R. Livieri, L. Ghielmi and P. Marisaldi. He was a prizewinner at the "G.Giarda Prize" in Rome and won the third prize at the Vth "Concorso internazionale organistico Gaetano Callido" in Borca di Cadore. From 1992 to 2005 he was an organist at Chiesa Arcipretale of Cordignano (TV), his hometown. Alex Gai performs in concerts in Italy and other European countries as well as in Japan. His passion for the organ led him to study in depth the construction aspects of this instrument and since 2004 he has been working at the organ factory "Andrea Zeni" in Tesero (TN) (www.andreazeni.it).

Photo by Stefania Endrici


■録音のこだわり 録音セッションでのこだわりはCD盤の方をご覧下さい。
ハイレゾファンの皆様には「待ってました」の音源ではないでしょうか。ご期待を裏切らない出来上がりだと思います。この録音はもともと96kHz 24bit PCMで収録されていますが、それをDSDに変換してもやはりDSDの良さが感じられます。変換によって厳密には鮮度が落ちたはずですが、しかし劣化を感じさせる要素はなく、独特の柔らかさのある空間に移し替えられたという感じです。パイプオルガン4手連弾のすてきな演奏を存分にお楽しみ下さい。