WAONXA-248
(2014年11月22日発売) Open Price

録音日:2012年9月23日〜26日
場所:水戸芸術館 エントランスホール

Producer, Engineer, Edit:小伏和宏
Co-producer:兼岩好江(Office ARCHES)
Assistant Director:高橋明日香
オルガン助手 : 野田優子
楽器調整 : 松崎譲二(MaNa Orgelbau)



《2.8224NHz DSD recording》
Microphone:
MBHO MBP604/KA100DK x4
Method:Double Stereo A-B
Pre-amp : Millennia Media HV-3C type I
Grace Design model 201
Mixer : Current CSP162
Recorder:TASCAM DV-RA1000
Clock:Rosendahl nanosyncs
Monitor : Waon Recording Monitor

《192kHz 24bit PCM editing》
DDC:Weiss Saracon-DSD
Monitor : Waon Reference Monitor



Cover design:深沢琢磨(Southern Company Co., Ltd)/才村昌子/小伏和宏

■Profile
青木洋也(カウンターテナー)
東京藝術大学大学院修士課程古楽科修了。エリザベト音楽大学大学院宗教音楽学専攻修了。バッハ・コレギウム・ジャパンを始めとする古楽アンサンブルや演奏会ソリストとして国内外の公演・録音に参加する他、アイルラ_ンド・ダブリンやドイツ・ライプツィヒ等でアルトソロをつとめるなど活躍の場を広げている。2012年10月にはグルックの歌劇「オルフエウス」(森鴎外訳)文京シビックホールのオルフエウス役で出演、絶賛される。2011年ソロCD「大いなる神秘」をレグルスよりリリース。合唱指揮の分野でも高い評価を得ている。「ヴォーカル・アンサンブル カペラ」「アンサンブル小瑠璃」メンバー。

浅井美紀(オルガン)
東京藝術大学音楽学部器楽科オルガン専攻卒業、同大学院音楽研究科修士課程修了。安宅賞およびアカンサス音楽賞受賞。横浜みなとみらいホール・オルガニスト・インターンシップ修了。オルガンを池田泉、廣野嗣雄、早島万紀子、三浦はつみ、チェンバロを故・小島芳子、通奏低音を今井奈緒子、廣野嗣雄の各氏に師事。これまでに東京藝術大学助手、青山学院高等部講師をつとめた。現在、青山学院高等部オルガニスト、水戸芸術館主催「幼児のためのパイプオルガン見学会」オルガニスト。日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。

Hiroya Aoki (Countertenor) photo : center
The Japanese countertenor Hiroya Aoki received his master's degree in early music from Tokyo University of the Arts, and master's degree in sacred music from the Elisabeth University of Music Hiroshima. As a member of the Bach Collegium Japan (BCJ), he engaged concerts and recordings in various countries. As a soloist, he appeared at Messiah in Dublin, Ireland and Mass in B-minor, Christmas Oratorio and Messiah at St. Nikolaikirche in Leipzig, Germany. He has been widening his activity steadily abroad. He is also a member of the Vocal Ensemble CAPPELLA, and the Ensemble CORURI. In 2011, he released his solo album O Magnum Mysterium from Regulus. In following year, he was casted as Orpheus in Gluckユs opera, Orfeo ed Euridice (translated by Ogai Mori). He also has been earning good reputation as a chorus master.

Miki Asai (Organ) photo : right
Miki Asai received her master's degree and bachelorユs degree from Tokyo University of the Arts, Department of Instrumental Music, organ major. She has completed the organist internship at Yokohama Minato Mirai Hall. She studied the organ under Izumi Ikeda, Tsuguo Hirono, Makiko Hayashima, Hatsumi Miura, harpsichord under Yoshiko Kojima, basso continuo under Naoko Imai, Tsuruo Hirono. She won Ataka award and Acanthus music award. She has been an assistant at Tokyo University of the Arts also taught Aoyama Gakuin senior high school. She is a member of The Japan Association of Organists and Japan Organ Society and now the organist for the Aoyama Gakuin senior high school and Organ Tour for Young Children at Art Tower Mito.

Yuko Noda (Assistant organist) photo : left


■録音のこだわり 録音セッションでのこだわりはCD盤の方をご覧下さい。
このアルバムのひとつの特徴は、ワオンレーベルのハイレゾタイトルの中で初めてのペアマイク収録でないものだと言う事でしょう。いつもはその自然な音場再現性から2本のマイクによるステレオ収録を信条としているわけですが、これに関してはビルの3階くらいの高さにあるオルガンと床面にいる歌い手さんとを捉えなくてはならず、2本だけで録ることには少し無理がありました。そこで音像がずれずに重なるようにうまく調整された2組のペアマイクを組み合わせて録りました。条件的には難しい面もありましたが、幸いハイレゾで聴いていただいてもペアマイクでの収録に対して大きな違和感を感じないものになっているのではないかと思います。DSD盤では残響がきめ細やかさをまし空間を響きが満たすように感じられる中でもお二人の演奏のディテールを見失うことなく、美しい演奏を楽しんでいただけるようです。