WAONXA-266/267
(2014年7月12日発売) Open Price

録音日:2013年3月6日~9日
場所:アートコートギャラリー(大阪)

Producer, Engineer, Edit:小伏和宏
Assistant Director:土居瑞穂



《5.6448MHz DSD recording》
Microphone:改良型金田式無指向性DCマイク 2013年 毛利忠晴製作
Method:Stereo A-B
Recorder:KORG MR-1000 (buttery)
Monitor:Grace Design m902B + Sennheiser HD580/Clou Cable

《192kHz 24bit PCM editing》
DDC:Weiss Saracon-DSD
Monitor : Waon Reference Monitor



Cover design:才村昌子
http://www.saimura-masako.com/

■Profile
上尾直毅(クラヴィコード)
東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学時ピアノを辛島輝治氏、チェンバロを山田貢、鈴木雅明、渡邊順生の各氏に師事。92年第6回古楽コンクールで「通奏低音賞」を受賞。オランダにてチェンバロをG.レオンハルト、A.アウテンボッシュ、フォルテピアノをS.ホーホランド各氏に師事しソリストディプロマを得て卒業。オランダではデン・ハーグ王立音楽院古楽器科の伴奏員、オランダ室内管弦楽団のチェンバロ奏者などを勤める。現在、日本国内を中心に鍵盤楽器奏者、および18世紀フランス宮廷バグパイプ「ミュゼット」奏者としてCD録音や数々のコンサートで活躍している。2010年に発売されたフォルテピアノのCD「ベートーヴェン61鍵の時代」は「レコード芸術」誌において「特選盤」「優秀録音」に選ばれた。レ・ボレアード(指揮:寺神戸亮)、オーケストラ・リベラ・クラシカ(指揮:鈴木秀美)などの古楽器によるオーケストラのメンバーとしても活動している。桐朋学園大学音楽学部講師。

Naoki Ueo (clavichord)
Naoki Ueo studied piano with Teruji Karashima for four years at Tokyo National University of Fine Arts and Music and graduated in 1991. Naoki also began studying the harpsichord with Mitsugu Yamada, Masaaki Suzuki and Yoshio Watanabe. In 1991 he was awarded the prize for "Best Basso Continuo Player" at the International Early Music Competition held in Yamanashi, Japan. In 1992, Naoki went to the Netherlands and continued his harpsichord studies with Gustav Leonhardt and Annecke Uittenbosch at the Sweelinck Conservatory in Amsterdam. In 1995 he graduated with "Uitvoerend musicus" (Soloists Diploma). From 1995, Naoki studied fortepiano with Stanley Hoogland at The Royal Conservatory in The Hague, in 1997 he performed Beethoven's 3rd piano concerto op.37 with the orchestra of the Royal Conservatory in The Hague, conducted by Philippe Hereweghe. This performance was highly praised by Hungarian composer Gyorgy Kurtag. He completed his "Uitvoerend Musicus" for fortepiano in 1998. From 2000 until return to Japan in 2001 he played as a member of The Netherlands Chamber Orchestra (harpsichord). He is not only known as player of historical keyboards, but also as performer of the "musette de cour" (a French court bagpipe in the 18th century) , renaissance bagpipes and the baroque guitar. He plays as a member of various baroque orchestras in Japan such as "Les Boreades" (directed by Ryo Terakado) or "Orchestra Libera Classica" (directed by Hidemi Suzuki). Recently, he teaches at Toho Gakuen School of music in Tokyo.


■録音のこだわり  録音セッションでのこだわりはCD盤の方をご覧下さい。
この録音の命題はまず何といっても「どうやってクラヴィコードという極めて音の小さな楽器を残響を伴った状態で雑音少なく録るか」という事でした。それはDCマイクというツールによって実現ができました。再生していただくとちゃんと空間の中にクラヴィコードがあって、豊かな響きの中で素敵な演奏を聴く事ができます。しかもそれに伴う雑音は適切な音量で再生される限りまず聞こえないと思います。そこまでした録音ですが、CDではやはり伝えきれない部分があります。このハイレゾ盤は、DSD128(5.6448MHz DSD)で録ったオリジナル音源をWeiss Saracon-DSDで192kHz/24bit PCMに慎重に変換してから編集したもので、CDのもととなったハイレゾマスターそのものです。隅々まで音を楽しんでいただけると思います。PCMならではの、音の一粒一粒までが聞き取れるようなくっきりした、迫力のある音です。ダウンコンバートした96kHz版の方もとても良い音です。再生装置の能力によってはこちらの方が楽しめる場合があるかもしれません。