WR-2751
(2011年12月25日リリース) 税別¥2,500

録音日:2009年7月28日,8月25日,9月8日
場所:高島市(滋賀県)ガリバーホール

Recording, Edit:小伏和宏
Director:綾部曜子
Cover design:小伏和宏



《DSD recording》
Microphone:MBHO MBP604/KA1100K
Method:Stereo A-B
Pre-amp:Millennia Media HV-3C type I
Recorder:TASCAM DV-RA1000
Clock:Rosendahl nanosyncs
Monitor : Waon Recording Monitor

《96kHz 24bit PCM editing》
DAW:Waon DAW mk III
DDC DSD to PCM:dcs974
DDC to CD format : Weiss Saracon
Monitor : Waon Reference Monitor


■Profile
香月麻李(こうづき まり 本名:吉川美穂子)
大阪市生まれ。3歳よりピアノを始める。この頃から、歌う事が大好きだった。
小、中、高校生時代は読書に夢中。しかし高校で所属したコーラス部でオペラの魅力の虜となり、声楽家を目指し大阪芸術大学へ進学することになる。大阪芸術大学演奏学科声楽専攻卒業。尊敬するのはマリア・カラス。大好きなオペラは「椿姫」。
在学中より市民オーケストラとの共演や学内オペラに出演するなど、各種演奏会で活躍。
卒業後は、コンサート活動の傍ら音楽事務所 "Angel's Delight" を立ち上げ、現在は若き音楽家たちのマネージメント、プロデュースも手がけている。

ピアニスト 幸野紀子 (こうの のりこ)
大阪音楽大学音楽学部声楽科、及び器楽科ピアノ専攻卒業。ウィーン国立音楽大学リートオラトリオ科留学。日本モーツァルト音楽コンクールピアノ伴奏部門入賞。ウィーンにてリサイタル開催他、ドイツ・スペイン・ブラジル等で音楽会に出演。現在、声楽、器楽の伴奏者として活躍中。神戸女学院大学、甲南女子大学、神戸松蔭女子学院大学講師。神戸音楽家協会、西宮音楽家協会会員。


■録音のこだわり
ピアノ伴奏の声楽なので、繊細なニュアンスまで余さず収録するためにラージダイアフラムのマイクで録りました。歌がヴァーチャルセンター録りになりますが、全体の空気感や奥行感を重視してA-Bステレオでセッティングしました。比較的エネルギッシュな表現もされるお二人なので、マイクアンプにはMillenniaのものを使用しました。押しつけがましくなくかつクリアな収録ができています。