Logo Mark

WAON RECORDS



詳細情報

ジャケットイメージ

4手の対話 Dialogo a 4 mani

吉田 愛(パイプオルガン プリモ&ソロ)
アレックス・ガイ(パイプオルガン セコンド&ソロ)

WAONCD-220 / 77min Stereo / CD 2012年12月28日発売 オープンプライス JAN/EAN 4560205956220
解説:吉田愛/アレックス・ガイ共著(日本語、英語、イタリア語)
レコード芸術誌〈準特選・優秀録音〉 音楽現代誌, 朝日新聞, 読売新聞〈推薦〉

1作目のCD「バッハとイタリア」(WAONCD-170)で目の醒めるような名演を披露した吉田愛が、パートナーであるアレックス・ガイとともに演奏するパイプオルガン4手連弾。18世紀~19世紀にドイツ、オーストリアで愛された連弾作品を集め、イタリア珠玉の名勝地フィエンメ渓谷(ジャケット表紙)にある3つの教会で収録しました。作品の時代性に合わせた3台のオルガンを使用。ブクレットには収録会場周辺の美しい風景や教会の写真を数多く掲載(吉田愛撮影)。たっぷりお楽しみ下さい。


[収録曲目]

  • ヨハン・クリスチャン・バッハ
    • ソナタ (デュエット) へ長調 Op.18 No.6
    1. アレグロ
    2. ロンド
  • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
    1. アンダンテと5つの変奏曲 ト長調 KV 501
  • ヨハン・クリストフ・フリードリヒ・バッハ
    • 4手のためのソナタ イ長調
    1. アレグロ・コン・スピリト
    2. ロンド(アレグレット)
  • ゴットフリート・アウグスト・ホミリウス
    1. わが希望は神にあり
    2. 装いせよ、我が魂よ
    3. キリストは死の縄目に繋がれたり
  • カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ
    • ソナタ ヘ長調 Wq70/3, H84
    1. アレグロ
    2. ラルゴ
    3. アレグレット
  • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
    1. 自動オルガンのための幻想曲 ヘ短調 KV608
  • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
    1. フルート時計のためのアダージョ WoO33/1
  • アドルフ・フリードリヒ・ヘッセ
    • ソナタ ヘ長調 Wq70/3, H84
    1. アンダンテ
    2. アレグレット
    3. アレグロ・ヴィヴァーチェ
    4. ポコ・モデラート

[演奏者プロフィール]

オルガン・デュオ
二人のオルガニスト、吉田愛&アレックス・ガイは、2006年にOrgan Duoを結成し、オルガン4手連弾、2台オルガン、オルガンソロ、オルガンとチェンバロなど、様々なアンサンブルを通してパイプオルガンの幅広い魅力を紹介している。これまでにヨーロッパの国際オルガンフェスティバルや教会、日本のコンサートホールなどに招待され、積極的に演奏活動を行っている。〈オフィシャルサイト〉

吉田 愛 よしだ あい
東京都出身。武蔵野音楽大学卒業後、渡独。ドイツ・リューベック音楽大学、同大学院に於いてディプロマ及びドイツ国家演奏家資格を最優秀にて取得。また文化庁芸術家在外研修員として同校教会音楽科でドイツ教会音楽家資格を得る。1996年オランダ・マーストリヒト、2002年スイス・ローザンヌでの各国際コンクールでの受賞を機に演奏活動を開始。現在はイタリアを拠点にヨーロッパ各地、アメリカ、日本において幅広く活躍している。2002~2006年、盛岡市民文化ホール専属オルガニスト。初ソロCD「バッハとイタリア」(2010年 ワオンレコード WAONCD-170)は、レコード芸術誌「特選盤」、音楽現代誌「推薦」、CDジャーナル誌「注目盤」などに選ばれ注目された。オルガンを藤枝照久、M.ハーゼルベック、L.ギエルミの各氏に師事。日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。

アレックス・ガイ Alex Gai
イタリア・ヴェネト州出身。パドヴァ音楽院でオルガンと作曲をE.ダリオ、R.リヴィエリ、ミラノ市立音楽院で古典奏法をL.ギエルミ、ヴィチェンツァ音楽院でチェンバロをP.マリサルディの各氏に師事。2001年「G.ジャルダ賞」コンクールにて受賞、同年「第5回ガエタノ・カッリード国際オルガンコンクール」で第3位。以後ヨーロッパ、日本各地の国際フェスティバルで広く演奏活動を行っている。1992~2005年、コルディニャーノ市教会オルガニスト。現在は北イタリア・ドロミテ山麓のアンドレア・ゼーニ・オルガン工房に於いてパイプの整音を中心にオルガン製作に携わり、パイプオルガンという楽器を探究し続けている。


[使用楽器]

Track1-5 : Daiano, Chiesa Parrocchiale di San Tommaso / ダイアーノ、サン・トマゾ教区教会
Track6-11 : Cavalese, Chiesa Parrocchiale di S.Maria Assunta / カヴァレーゼ、聖母被昇天教区教会
Track12-17 : Predazzo, Chiesa Parrocchiale del Santi Apastoli Filippo e Giacomo / プレダッツォ、サン・フィリッポ・エ・ジャコモ教区教会


[Recording Data]

録音日時・場所
2012年5月4日~6日 イタリア、フィエンメ渓谷
ダイアーノ、サン・トマゾ教区教会
カヴァレーゼ、聖母被昇天教区教会
プレダッツォ、サン・フィリッポ・エ・ジャコモ教区教会
[ 96kHz 24bit recording & Editing ]
使用マイク
Schoeps Mk2S x2 (Daiano & Cavalese)
Schoeps Mk21 x2 + Mk4 x2 (Predazzo)
プリアンプ
Millennia Media HV-3
RME Fireface 800 internal
オーディオ・インターフェース
RME Fireface 800
DSD to PCM converter
Weiss Saracon-DSD
  • Excutive Producer : Kazuhiro Kobushi 小伏和宏
  • Recording & Editing : Edoardo Lambertenghi
  • Translation : Daniela Marotto, Alex Gai
  • Cover design & Art works : Masako Saimura 才村昌子〈オフィシャルサイト〉
  • Photograph : Edoardo Lambertenghi, Stefania Endrici, Ai Yoshida (Landscape)

[録音のこだわり]

吉田愛さんの1枚目「バッハとイタリア」(WAONCD-170)についで海外での録音です。録音はエドアルド・ランベルテンギ氏です。ダイアーノとカヴァレーゼはショップスの高域補正型の無指向性カプセルのペアマイク、プレダッツォはショップスのワイドカーディオイドとカーディオイドのカプセルでのダブルペアマイクで録っています。収録は、ドイツのRME社のプロ用高級オーディオ・インターフェースFireface 800を用いています。 今回は収録と編集までをイタリアでハイレゾのままで行い、完成した曲毎のデータをハイレゾのまま日本へ送ってもらって、スイスWeiss社の高級DD ConverterであるSaraconでCDフォーマットに変換してCD用マスターを作成しました。そのためとても鮮度の高い良い音でCDに収まっています。連弾による壮大なスケールのパイプオルガン曲を存分にお楽しみいただけます。